オフィス街(紫)

再生資源化の諸事(Recycle etc)

ここではいろいろな所へ、出掛けて頂いて情報の収集をしてください。

 

 リンク先   備   考 
 公益社団法人  
全国産業廃棄物廃棄物協会
 
 47都道府県をまとめています。立法府への窓口。 
 公益社団法人 
大阪府産業廃棄物協会
 大阪で唯一の協会、青年部が主体の、劇が全国で有名。
 環境省   環境、厚生、医療の中央の省。 
 国土交通省   運ぶことの中央の省で、リサイクルに関してはかかわり有り。
 日報   廃棄物の業界紙。 
 編集者のホームページ   温泉、観光と廃棄物 
 大阪府商工会議所   大阪府下を代表する会議所で、融資やセミナーの情報有り。 
 

( たとえばーー例題1 )


 

ペットボトルケース ダンボール ーーーーーーーーーーーー> 紙の再生資源
ペットボトル 口栓 破砕、粉砕 プラスチックとして焼却
固形化燃料
本体のシール 破砕、圧縮 プラスチックとして焼却
固形化燃料
中の洗浄水 ーーーー> 水処理して放流
本体の破砕、粉砕 洗浄水 水処理して放流
粉 体 プラスチック再生原料
ーーー> 処理の進行は、左から右へーーー>
 

( たとえばーーー例題2 )
うどん、そばなどの麺類では、


 

 産業廃棄物扱い  一般廃棄物扱い 産業廃棄物扱い
麺粉 包装袋  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−> 廃プラスチック類
不要麺  −−−−−−−−−−−−−−−−> 動植物残渣
有効麺 不良品  −−−−−−−−−−−−> 動植物残渣
良品 開封後の
不要袋
 −−−−−−> 市町村焼却へ 燃え殻
商品としての
麺類
食べ残し
出し汁など
 −−> 下水処理場へ 汚泥、燃え殻
食べ残し
固形物など
一般廃棄物
焼却
市町村焼却へ 燃え殻
肥料、
飼料化
販売がむずかし 産廃で焼却
使用する

例題2の食品関係の数字は、一般廃棄物の排出量は1600万トン
産業廃棄物の排出量は、340万トンで
再資源化は、
一般廃棄物が0.3%( 約5万トン )
産業廃棄物は48.0%( 約163万トン )

いかに多くをリサイクルにしているかが判りますが、まだまだ問題が雲石しています。

包装袋、不要袋のリサイクル( 製造メーカーの協力と消費者の認識が必要 )
飽食文化による食べ残し、大量購入の期限切れ食品の肥料、飼料の効果が薄い、
リサイクル商品も安くなってきたが、長期保管にはバージン紙が使われる等など

これらの問題は、「親鳥と卵」の話になります。
ご覧の皆様のご意見はどうでしょう、お考え下さい。


 
最近、このリサイクルで思わぬ弊害が出てきています。

古紙業界が、悲鳴をあげています。(15年)
製紙会社が悲鳴をあげているのでなく、古紙を集めている小規模な集荷業者、拾い屋、自治体。
古紙が現在だぶつき気味で、製紙会社の購入価格が上がらない、上がらないから集荷業者や拾い屋の
買い上げ価格が下がったまま、自治体も自治会に古紙のリサイクルをお願いしているので、
差額の補助が双方に必要(頑張れば頑張るほど税金を使う)。
無し、ただか、1円/Kg、2円/Kgの世界。




ちょっと気分よくなってます(17年)
平成16年、15年からの中国の経済が好調なので、古紙が引っ張りだこに成っています。
経済が好調だとなんでも、かんでもが連鎖的に需要が拡大して国内資源がないと、だぶ付いている日本からの
輸入になる、これによって日本国内の古紙の買い取り価格が押し上げられてきました。
バンボールや白い紙などは10円程度まで上がってきたいますが、これまた困った問題が出てきました。
まだまだ問屋での利益確保が優先なので、末端までもっと高額になるにはもう少し日にちが要りますが、
よくなってきたので、自治体や子ども会で集めている古紙が狙われて無断で取っていかれてしまってます。
時代の流れで、金銭の流れで、ただで持って行けといったと思ったら、お金を置いていけ言ったりと、
いずれにしても、古紙は有価に戻ってます、RPFの材料が減って行ってます。





鉄鋼業界も、悲鳴をあげています。(15年)
粗鋼の値段が上がらない。
自動車業界はまた違う鋼材なのだが、粗鋼は建築用の鉄やおもちゃ、家庭器具などあらゆる所で使用するが
消費がこの景気なので起こらず、高炉は止められず少量でも生産をしないといけない。
生産すると在庫が増えて叩き売りたいが売れないが、生産コストは十分掛かって赤字になる。
現在、余ほど好い鉄でないと、10円/Kg、5円/Kgはくれない、逆に殆んどが有償で5円/Kgか良くて、ただ。




ちょっと気分よくなってます(17年)
平成16年、紙と同じで中国の好調な経済発展で、故鉄業界の好調で売っても売っても注文がくる状態が続いている。
ここで、今までと違った悲鳴になってしまってます、それは、故鉄が国内で少なくなったため国内製鉄やさんが、
購入する価格が上昇してしまい集まらなくなってきたこと、材料への購入金額の転嫁がされて製鉄の
価格を上げなくてはならなくなっている。
さらに、製鉄メーカーが不況を理由に高炉を廃炉にした為に、鉄の生産量が足りなくて24時間生産でも
追いつけなくなってきて、不況の中での嬉しい悲鳴をあげています。




今までの日本では考えられない事が頻発した。!!(19年)
金属が高値の売買される事が報道で判り、そこら辺にいくらでもある物を取って売りさばく、
安易に窃盗をする者が現れ、他人の物は私の物、
置いてあるのは取ってもいいものーーと自己都合で考える者が雲蚊のように発生した。
100円の髭剃りを取っても逮捕しているのに、なぜ??捕まらないの。

また、盗品と判るものを持ってきても古物商(故鉄故銅)が買い取るから問題である、警察に通報すれば済むものを
商売にかこつけて黙殺するから、また盗んでくる!!
いつからか、個人主義を重視して、体制や常識がへこんだのでしょうね、
教育委員会が法を無視した労働組合とスト、教員の人事に首を突っ込んだからか??ーーー

抑制するには、徹底的に溝蓋1枚でも逮捕、検挙したほうが良い、




自動車のリサイクル・再登録も考え直して!!
東京に遅れること数年、大阪の自動車も排ガス規制でちょっと綺麗な排気ガスを出すものに、
各社がなけ無しの資金を出して、お金を借りて新車と交換して登録をしました。
弊社も使用本拠地を大阪に置いている関係で、全車両が対象でした。
入れ替えた車は何処に行ったのしょうか??
下取り、売却で手元を離れたが、見た事のある全く同じの車を見る事になるとは!!!
なんと、お隣の奈良県のナンバーを付けて目の前を走ってるでは有りませんか、!!
まあ、使える車を手放したのだから、誰の手に渡っても文句は言えませんが、
何で、大阪市内を堂々と走っているんですか!!??

「法の抜けに道」で、奈良県、和歌山県、三重県では、
「まだ空気が綺麗ので、汚い排ガスを出す車を使っても良いです。
県民の健康は、まだ、大丈夫、排ガスをどんどん出してください。」


対象の県民も大変でしょうが、私たちは高額な購入費を払う為に費用がかさみます、
安くしたいが経費が高い(1台 1000万ほどする車を何台も購入する事になった。)
なのに、”中古で安く購入して、それを大阪府内で使って良い”とは行政は何をしているのでしょうか。

これでは、一向に空気汚染の減少は成らないです、汚いガスを出す車が走っては。
運輸省、警察署、環境省、自治省さん統一された規制を実行してください。













会社案内
加入団体
許可関係
運営上の諸事
再生資源化の諸事
今後の環境問題のゆくえ




 
トップ アイコン
トップ

オフィス街(紫)